保険がきかないため手術費用は自費となる

保険がきかないため手術費用は自費となる

多焦点眼内レンズは、「出来るだけメガネをかけずに」より快適な生活ができることを目指して開発されました。 平成19年に厚生労働省の承認を得て、それからにも色々な多焦点眼内レンズが登場していますのです。多焦点眼内レンズは、遠方と近方の広範囲にピントが合う反面、単焦点眼内レンズに比べるとピントが甘い、夜間に車の対向車などのライトがにじんで目に持ち込んだりする(グレアハロー)などの欠点があったのでしたが、最近ではこれらの欠点を補う累進焦点眼内レンズも登場しているのです。ただし多焦点眼内レンズは必ずしもすべての人にあうわけではありません。保険がきかなくなったので、手術費用は自費となるため、単焦点眼内レンズと比べるとかなり高額になってくるでしょう。わたしのライフスタイルにあった特性の眼内レンズを選択出来るように医師やスタッフとよくご相談ください。

page top